2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

被災地から更新中

生活に幾分余裕が生まれていきました。

といっても、電気、水道が通っている、というだけですが…。

ただ、これらの恩恵は本当に凄まじいです…。





メイプ ルノワールは一応オンラインゲーム関連のブログということにしていますが…

ここから被災地の状況、被災時の心境などを綴っていきたいと思います。

普段は人のためにブログを書いていますが……今回は半分自分のためにも書かせていただきます…。

(鬱憤っをぶちまけたい)

でも、人のお役に立てるような記事にできる自信はあります




【続きを読む】からお願いします。(リンクせずこのページ内で開閉します)



僕は福島県在住です。細かく書くと容易に特定できるので詳しくは書きません...

3月11日、自宅にて地震に合いました。






ものすごい、安易な言葉なのですが……本気で死ぬかと思った。






タンスが片っ端から倒れて、照明は割れてガラスが部屋いっぱいに飛び散って、レンガ造りの壁が粉々に砕けて…。

火をくべていた薪ストーブが倒れているのを見たときは本気で死ぬかも、って…。

スキを見て外に避難したときは戦慄。

石油タンクが倒れて、地面いっぱいに石油がぶちまけられてた…。

※運良く火災は発生しませんでした

周りをみたら、集落の家屋がほとんど半倒壊していて……







そういえば、こたつで寝ていた飼猫が見当たらない。

今、こたつは倒れた壁の下敷きに。









この恐怖は、本当に、忘れられません…。

災害の怖さは、自分の身の危険よりも、家族の安否がわからなくなることにあります…。

でもでも、やっぱり動物はすごい。

飼猫はきちんとスキを見て、外に避難していました。そのときの家族の安心感といったら…。





(どうしても内容がダークになってしまうので、ここから要点を絞って書きます…)





●東日本大震災で被災した


【恐怖】

・揺れ
当たり前だけど、本当に怖い……震度6の地震が3分くらい続く。僕の場合は家族が周りにいましたが、自分一人でこの地震にあったら怖くて動けなかったかもしれない。


・悲鳴
人が発する本当の悲鳴は、本当に滅茶苦茶怖い。聞くだけで不安になり、身がすくんでしまう。お化け屋敷とかとは話しが違う。


・家族の安否
滅茶苦茶になった家具の下に飼猫がまだいるかもしれないとわかったとき、戦慄した。自分が地震にあうのとは次元が違う恐怖。もし、これが津波だったら…
猫は幸いにも、脱出していた。そのときの安堵は半端ない。


・夜
視界が効かなくなり、気温も下がる夜は恐怖が増幅される。その状況で地震がくると泣きたくなる。でも被災地では、半分崩れた家の中で眠るしかない。真っ暗な中、いつ自分の上に天井が落ちてくるかわからない状況。本当に生きるか死ぬかなんです。


・他の生物
話題には上がらないけど、地震があった日の夜は、動物がすごい鳴く。威嚇とかではなくて、心底心細さを訴えかけるような声で鳴く。天井が落下してくるかもしれないという死に直面しているときに一晩中これを聞くのは地獄。
また、パニックになってしまう人もいる。うっかり判断を誤った行動(真夜中に不安そうに鳴く猫に餌を与えようとした)をして命の危険を犯す人が別の大人に怒鳴られていた。命の危険がある状況では、日々僕らが説く善意は通用しない。これがショックで、怖かった…。


・余震
この記事を書いている今でも、震度4、5の地震がいきなり襲ってくる。心休まるときがない。今ではちょっと慣れたけど、すぐに怖くてパニックになる。
一日に余震は大体3、4回はくる。これは実際に経験しないとわからないかもしれない……被災地では+津波と建物が倒壊する危険が伴うんです。





【救い】

・仲間
周りに家族がいたことが本当に支えになった。僕一人だったらどうなっていたか本当にわからない。「地震ヤバいね」「ねぇ、怖いねぇ」このやりとりができるだけで相当救われる。また、防寒具やラジオなんかも、僕一人では用意できなかった。


・車
崩れるかもしれない建物の中で眠るのは地獄。こんなとき車が役に立った。崩れない屋根はあるし、電気もある。うちの車にはテレビがあった。しかもいざとなったら走って逃げれる。だから、ガソリンを給油できないって、想像以上にヤバい状況なんです。


・テレビとラジオ
地震の情報を中継してくれるテレビは本当に助かる。他の人間を確認できるのは大きい。また、いつも見ている福島テレビのアナウンサーが地震の注意を呼びかけてくれるのは勇気が湧いた。
ラジオは、夜眠るときに心強い。アナウンサーの声が枕元で聞こえるおかげで、安心感が増す。また、時々流してくれる邦楽は心を心底癒してくれた。スキマスイッチでもろ号泣した…。スキマスイッチが好きになった。



・水と電気
これらはまさに文明の象徴。これらがあるだけで、生きる勇気が湧いてくる。
水があるだけで、料理の幅がグーーーーーーーーーーーンと増える。また、余裕が生まれてきたとき、風呂に入れるだけで泣きそうになる。水洗トイレの水が流れたときは本当に叫びました。
電気は、安心感を与えてくれる。夜、部屋に照明があるだけで、こんなにも安心できるとは。でも、電気が通っていないとき、夕暮れと同時に寝る生活を体験すると、夜電気を点けて起きていることが生物の理に反しているような気がしてくる…。


・音楽
ラジオでスキマスイッチが流れたときは本当に助かった…。心配で心配で夜も眠れなかったけど、音楽を聴くことで本当に安心できた。ちなみにiPodなどでは耳が塞がれるので危険。ラジオでしか音楽は聴けません…。
不謹慎、という見方もあるけど、アーティストが本気で作った音楽は人の心を癒してくれる。
ちなみに曲は「ボクノート」でした。






【発見】

・災害時に本当に食べられるもの
非常食といっても、水が必要かどうかで全然話は変わる。カップメン、米、レトルト食品、パスタはまったく話にならない。パンは腐りやすいし、物の下敷きになったらすぐダメになる。冷凍食品も傷みやすい。
なかなか腐らない、火も水もいらない、入れ物も丈夫なカンパン最強。
しかも最近のカンパンはごま味などもあって、栄養面がアップしている。


・モラル
生きるか死ぬかの状況では、善と悪とかは通用しない。その場の人間全員が生きられる状況こそが絶対視される
福島では給水所では誰も横入りしないし、大量のボトルで独占もしない。買い物もみんなちょっとずつ買う。全ての行動が生きることに直結している。
でも余裕が出てくると、ちょっとずつ人間の本性が顕になってくる。今まで仲良くしていた友達がとんでもないクソ野郎だった、とかザラ。親戚同士で縁切りをしているところもあります…。


・テレビアナウンサー
テレビ局ごとに、印象が全然違う。地元福島テレビは一番見やすい。アナウンサーと心が通じるのだろうか……こっちが応援したくなってくる。その点、他のTBSやフジテレビのアナウンサーの口調は他人ごとというか、同情のふりというか、どこか腹にくる。あとでネットで色々話題になっているのを見て、直感が当たっていたところもある。
NHKはさすがというべきか、嫌味ったらしくなく、同情しているようでもなく、仕事として冷徹に喋るようでもなく……とてもニュースが観やすかった。


・Wii
今回の地震でWiiの上に大型テレビが落ちてきた。その結果、テレビ画面にWii型の穴が開いて壊れた……一方のWiiはどこも壊れていなかった。改めて任天堂を支持しようと思った。


・本能
地震直後は、何故かものすごい頭が冴えた。体がただ建物から脱出するスキを狙うことだけを優先していた。後になって、近所の壊れた家などを見て、パニックになったというか、頭が呆然とした…。そして徐々に恐怖が沸き起こった。また、地震直後はどんなに頭で怖くないと思っていても、足が信じられないくらい震えていて、止まらなかった。
また、頭がユーモアを許さなかった。テレビのアナウンサーの口調だけで無性に腹が立ってしょうがなかった。
この人間は信用できるか、そういうことにも敏感になった。


・福島の魅力
地震が起きてから、福島の偉大な魅力に気がついた。以前は日本人に存在を忘れ去られるNO.1とか思っていたけど、地元には魅力がたくさんあったことに気づいた。

相馬の海、浪江のB級グルメ、いわきのアクアマリン、石炭化石館、スパリゾートハワイアンズとフラガール、南相馬の海岸通りの美しさ、猪苗代の雪、猪苗代湖、会津若松の会津城、新選組の墓、野口英世、須賀川のウルトラマン...
などなど数えきれないくらい。
しかも、これらの大多数が災害で失われていることに悲しくなってきます…。

そして、







福島は原発が設置されたり、首都移転候補に選ばれたりと、ものすごい平和な県だった、ということ。







こうして、福島の魅力が、地震、津波は仕方ないとして……

居もしない首都圏の人間が作った原子力発電所によって、失われてしまったことが、本当に悔しい。



僕は現都知事の「天罰」発言を、生涯忘れません。

福島が災害の危険を伴いながら、どれだけの電力を東京に送ったと思っているんだ!!

東京のテレビ、評論家!!

安全地帯から何を語ってんだ、馬鹿野郎!!













僕らも僕らで、この状況を真に理解していませんでした…。

原子力発電所。

東京電力、現首相。











僕らの命は、ここに居ない彼らに掛かっているんだ







そう考えると、不安でしょうがなくなります…。

これ、原発がある県だけの問題ではありません。

彼らの指示で、僕らが本当に生きていけなくなるかもしれない。

そういう時代なんです…。










関連記事
スポンサーサイト





[ 2011/03/27 ] ブログ云々 | TB(1) | CM(12)

ちょっと記事を見ていて涙が・・。


近々ブログの方で紹介させていただきますね。
[ 2011/03/28 02:25 ] [ 編集 ]

こんにちは。
中通り、福島市には二度ほど行ったことがあります。

震災の恐怖、助けられたこと、知ったこと、とてもわかりやすくまとめられ、るのわるさんの感情が伝わってきました。
今も強い不安の中で暮らされているかと思います。
どうか、挫けず立ち上がっていけることをお祈りしております。

わたしたちはどう被災者と向き合ってゆけばよいか、わからなくなるときがあります。
どうすれば、力になれるのか。
るのわるさんの生の感情をこれからもどうかお伝えください。
[ 2011/03/28 05:59 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/03/29 00:40 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/03/29 21:17 ] [ 編集 ]

事後報告ですみません。
ブログで記事の紹介をさせて頂きました。(そしてトラバも)
正直うまく紹介できてないですけど・・・
大変な中、このように記事にありのままを色々書いて頂き感謝です。少しでも色々知ることができたのは良かったと思います。

[ 2011/03/30 17:57 ] [ 編集 ]

>>りりぃさん
どうも、ありがとうございます。
事後でも全然構いません、それよりもありがとうございます!
[ 2011/03/31 11:31 ] [ 編集 ]

ご無事なようでなによりです。
被災地の外から見ていた限りでは、当初、なんか揺れた・・・
というだけだったのですが、震度7ときいて驚いたというのが、
正直なところです。その後、津波の影響などもあったのですが、
役に立たない総理がいきなり原発に乗り込んでいき官邸がらあ
きで、結局は官房長官がやっているのを見て、元から期待して
いなかった政権ではありますが、お粗末すぎる対応にはあきれ
ています。福島には連合員もいましたので、避難できたと聞い
てとても安心した感じですね。
これからあたたかくなり、衛生面に気を使わないと伝染病の恐
れがありますのでその点注意して一日でも早く元の生活に戻れ
るように祈っております。
[ 2011/04/01 21:50 ] [ 編集 ]

紹介されていたところから見に来ました

私も福島の直ぐちかくの栃木のとある町に住んでいるので揺れにはもう
恐怖しかなかったです

私もそのときは家族は大丈夫だろうかとそれを一身におもってました

まだ私のところは被害がそこまででなかったのでもう大丈夫ですが

まだ其方は油断も出来ない状況でしょう

少しでも早く復興されることを願ってます

ブログで記事紹介させていただきます
[ 2011/04/01 22:17 ] [ 編集 ]

はじめまして

友人のブログ記事から来ましたm(__)m

被災された方しかわからない生の声、メイプルプレイヤーというだけでテレビでみるよりとても近くに感じます。

色々考えさせられました…。

今は見守ること、応援すること、少しばかりの寄付しか私にできることはないのですが、るのわるさん、そして福島をはじめ被災地の皆様が心から笑える日が一日もはやく来ることを心よりお祈り申し上げます。
[ 2011/04/02 01:13 ] [ 編集 ]

励ましのコメント、どうもありがとうございます!
だいぶ落ち着いてきました。
今は復興に向けてみんなが頑張っています!
まだまだ不安は残っていますが……前向きにこれからも頑張っていこうかと思います。

[ 2011/04/02 15:10 ] [ 編集 ]

私も以前震度6強の大地震に合い、また原発も近くにあったので心中お察しします。

ただけっして原子力は悪いものではありません。
こんなに資源を有効に利用しローコストで発電できる技術は存在しません、開発したアインシュタインは本当にすごいです。
[ 2011/04/03 01:44 ] [ 編集 ]

いや……すごいです。
僕はなのるなもないさんのように……原発を肯定的に捉えることはできません。
増して、原発の近くにお住まいならば尚更…。
どんなに効率的なエネルギー供給システムだとしても、自分と自分の周りの人間の生活を天秤にかけることはできません…。
原発が生活に潤いをもたらしてくれるのも確かなんですけどね…。

褒められた意見ではありませんが、原発は自分たちに被害の及ばない遠いところに設置して欲しいと思うのです…。
[ 2011/04/03 14:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


またまた地震関連ですが・・・2つブログをご紹介

メイプルは今日アップデート・・・帰ってきたらもう終わってるΣ(・д・;) 最近メンテが時間通りに終わってますねぇ ・・・と思ったら臨時メンテしてた!!!wやっぱりいつも通りでした( *´艸`) まだめ...
[2011/03/30 17:46] URL のんびりマンダリン♪メイプル日記2
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。