2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボス・バルログ討伐の果てに -前編- 英雄の剣


ある日のこと。

それは突然、何の前触れも、公式の告知もなく訪れた。

カシャッ


バルログ終了

: ボスバルログに挑戦できません。65レベルから100レベルまで参加できます。





なん……だと………ッッ!?













次回 : ボス・バルログ討伐の果てに<後編> 英雄トリスタンの後継者

まとめはこちら→






英雄になりたいという夢を抱きつつも、努力はいつも空回りしていた故郷「ドーンヴェール」の村での過去。

ひょんなことから村を襲う窃盗団に遭遇し、それを偶然居合わせた4匹の旅の動物と共に撃退することに成功する。

その4匹の動物と共に、村人に認められ、そこからようやく夢を叶えるために旅に出た……一歩踏み出すことができたあの日から。

既に一年近くの月日が流れていた。









バルログ終了

どうしてこうなった……!!








事の始まりはクエストだった。


バルログ ことの始まりは


旅を続けているなかで、人との出会いは必然だった。英雄になるために困っている人を助け……否、ビーストテイマーとして面倒事に首を突っ込み続けた結果。

現在メイプルワールドを統治する「女王シグナス」に会うことになったのだ。

ドーンヴェールを出て、次に到着したビクトリアアイランド。中心地にできたリーフロードから船に乗ること約1分。

女王シグナスの住まいにして、職業「シグナス騎士団」の本拠地「エレブ」に到着した。


そこで待っていたのは非常に美しい女王シグナスと、いけ好かないメガネ。

どうやら、ビーストテイマーとして目立ちすぎたらしい。いわば監視役であるシグナス騎士団の本拠地に呼ばれることになり、そこからメイプルワールドを守る組織「メイプル連合」に使われることになった。

とは言っても、所詮はただのまだ年端のいかない獣人と、動物4匹。噂ばかりでまだ実力もない自分たちには信用がなく、むしろこれ以上問題を起こさせないため、半端な実力が敵勢力側に渡らないための保険。

そして、今回呼ばれたのには自分たちの実力を試す意味合いがあったらしい。





BT エレブにて 

BT エレブにて2


いけ好かないメガネ(参謀ナインハート)との会合を終える。

こんな時、ビーストテイマーで良かったことは、仲間の動物たちが居てくれたことだろう。

ライは放送禁止用語でナインハートを罵り、(アルが『にゃっ!』という鳴き声で伏せた)そして代わりにエカ様が怒ってくれる。

手下、というよりかは仲の良い仲間の動物たちに囲まれることは、旅を続ける中で非常支えになってくれる。



今はまだ実力の証明もなく、ただただやれることをしようともがき続けるだけ。今回のように、相手に見下されることも多いが、それもいつかビーストテイマーとして覆してやろう。







バルログ ことの始まりは


そしてエレブで受けたクエストが、ビクトリアアイランドの中心部、深い森の「スリーピーウッド」で、英雄の剣を探すというものだったのだ。












BT スリーピーに向かう


再びエレブから船に乗り、ビクトリアアイランド船着場に戻る。

リーフロードと呼ばれる比較的新しい道。ここは主要大陸「ビクトリアアイランド」の中心地であり、それぞれの街へ繋がる重要な中継地だそうだ。

かつてはどの街への繋がる中継地などはなく、深い森に閉ざされ最も危険なダンジョンが中心にあるだけだったらしい。冒険家は各街に停車しているタクシーに乗って、それができなければ入り組んだ森を抜けて、街と街を移動していたようだ。

近年はこの複雑で膨大な道が開拓され、深い森は地上から姿を消し、こうして便利な中継地点が出来上がったというわけだ。

しかし、その深い森が消えたわけではない。その深い森は地下深くに広がっており、地上など全体のほんの一部なのである。

今ではリーフロードの大木の根本。そこにあるポータルをくぐれば、その深い深い森に入る一歩手前の街、「スリーピーウッド」に到着することができるのだ。


鬱蒼と生い茂る木々が膨大に生え、天井に空は無く、ただただ暗い湿った街の奥に、今回のクエストを仲介してくれる人を見つけることができた。












BT 瞳


クエストの内容は、スリーピーウッドに潜り、先行している冒険家とともにビクトリアアイランドの英雄「トリスタン」の剣を発見することだった。

スリーピーウッドはビクトリアアイランド最難関のダンジョンであり、モンスターが非常に手強く、それらを討伐し身を守ることができる人材が必要だったらしい。

なるほどメイプル連合に加入するには、スリーピーウッドを制覇するくらいの実力がないと話にならないということか……。



スリーピーウッドを下っていくとやがて森は姿を消し、薄暗い洞窟が現れた。生息しているモンスターも爬虫類など、気味の悪い生物が多い。

冒険家の指示に従いながらモンスターを討伐し、また現地で助けを求めている人物の依頼もこなしていく。







BT 氷のかけら


その一つが、英雄の剣の覚醒だった。

実はエレブを訪れる前に立ち寄った戦士の街「ペリオン」にて、既に英雄の剣についての情報を得ていたのだ。

ペリオンの剣士「マンジ」が言うには、スリーピーウッドの最深部にはかつてビクトリアアイランドを脅かした魔物「バルログ」が封印されており、そこにかつて自分を救ってくれた人物、すなわち英雄トリスタンの遺品が残っているそうだ。

そのトリスタンの遺品こそが彼の所有していた剣、「トリスタンの剣」らしく、奇しくもシグナス騎士団もそれを調査しようとしていたようだ……。

さらに、その剣は既にマンジが回収してあり、「古びたグラディウス」として自分の手に託されている。

マンジの願いは、この古びた英雄のグラディウスを再び磨き上げることのようで、それにはスリーピーウッドに済む鍛冶屋に協力を仰ぐしかない、という。



マンジのこのクエストはメインシナリオには含まれていないものの、とても重要なクエストのようだ。なるほど、小まめに各地を回ってクエストを引き受けていくことは、決して無駄ではないらしい。

英雄の剣を、マンジに渡すかシグナス騎士団に渡すか。その選択の鍵を、自分が握ってしまったようだ。





BT 氷のかけら2


そしてスリーピーウッドの鍛冶屋「クリシュラマ」に出会い、グラディウスを活性化させるための材料

・炎の羽毛
・氷のかけら
・古代の呪文書

の3つのアイテムを、シグナス騎士団の依頼と平行しながら進めているところなのだ。

とても貴重なアイテムのようだが、これらは全てスリーピーウッドに生息するモンスターたちから得ることが可能だった。

モンスターからドロップするカード(ファミリア)には、モンスター情報が記録されており、そのモンスターのドロップアイテム情報を試しに読んでみたところ、3つのアイテムがそれぞれ3つのモンスターにヒットしたのである!

炎の羽毛はレッドドレイク、氷のかけらはアイスドレイク、そして古代の呪文書はタウロマシスが持っていた。

幸いこれらはすぐにドロップし、すぐにこれをクリシュラマに持って行ったところ、グラディウスを無事に覚醒させてくれた。



BT クリシュラマ



そしてこれを再びペリオンのマンジに持っていくと、これを見て安堵したマンジは、この剣を僕らに託してくれた。




BT 英雄のグラディウスゲット


英雄」のグラディウス……!

なんだろう、これを持っただけで、憧れの英雄に近づけた気がする。


憧れのメイプルワールドの5人の英雄の一人「アラン」も、かつて侵攻する魔法バルログを一人で食い止めたと言われているし。

画像





これをシグナス騎士団に渡すのは、やっぱり惜しい気がする。これはきっと回収されてしまうだろうし、マンジは自分のために剣を託してくれたのだ。

憧れの英雄の剣を、シグナス騎士団に渡すわけにはいかない。

そうと決まれば、まだ進行途中だったシグナス騎士団のクエストを最後まで終わらせて、いけ好かないメガネ(ナインハート)に報告しなければ。







BT ボルト3と神殿


一緒に派遣された冒険家たちの調査を手伝いつつ、トリスタンの剣の手掛かりを一つひとつ探っていく。

……言えない。

とても「今自分が持ってます」とは言えない。


……今更ワイルドカーゴとか狩っても意味ないんだけどな……。でも、言ったらマズイ……

成果が上がらないことがわかっていつつも、せくせくとクエストをこなしていく。途中でおかしな3人組の妨害があったときは正直面倒臭すぎてほっぽりだそうかとも思ったが、それではクエストにならないし。









BT トリスタンの宝


そうこうしているうちに3人組を回避し(ポポのオナラスキルで退かし)、偶然にも彼らが見つけた「トリスタンの宝箱」を発見した。

まあ、別に無理やり奪わなくても良かったんだけど……クエストだしな。

どうせ中身は空っぽってオチなんだろう。

……だって中身はもう自分が持ってるんだし……


みんなで苦労して宝箱を見つけて、いざ開けよう!となったときに、「中身からっぽじゃねーか!!」っていう無駄足オチが用意されてるんだな。それで結局トリスタンの剣は見つからなくて、それをシグナス騎士団に報告しにいってこのクエストも終わりだ。

さて、この宝箱をクリックして開けてと。

そうだ、驚かないと怪しまれるから「あ、あれれ??」ってリアクションしなきゃな。




















あれ?















BT トリスタンの剣


中身入ってるじゃねーか!!!!









……どういうことだ……!!

既に自分が完成したグラディウスを持ってるのに、何で宝箱からもう一本剣が出てくるんだ……?

英雄トリスタンって、二刀流だったのか……!?いやいやいや。

これは、どっちかが偽物ってことなんじゃないか?





チラッ





BT 英雄のグラディウスゲット


…………

…………

いや、まさかな……。














それから。

無事にクエストは完了し、箱から出てきた方の剣を、シグナス騎士団に渡すことになった。

正直どっちが本物なのか検討がつかないから、ドキドキしっぱなしだったけど……。何となく振ってみて軽い気がする箱から出てきた方を渡しておいた。

逆に考えれば、ちゃんとシグナス騎士団側も英雄の剣を手にすることができて、無事にクエストが完了して。自分たちのビーストテイマーとしての実力を証明することもできたのだ。

これはこれで良かったと考えよう。

ただ、そのあとでいけ好かないメガネがとんでもないことを言い出したのだ。






BT 後日談


: 正直スリーピーウッドのドレイクやワイルドカーゴみたいな奴らはジェラシーロッカーに比べてだいぶレベルの低い奴らです。

: 以前のスリーピーウッドダンジョンに比べると現在のスリーピーウッドは雀の涙くらいです。




な……に……!?



端的に説明するならば、クエストを完了したというのに、またナインハートと口論になったのだ。今のスリーピーウッドは大幅に弱体化しており、このクエストを完了したくらいじゃ全然認められないという。

偶然5人の英雄、ファントムとエヴァンが現れてフォローしてくれたのには驚いたが……(というよりそれに驚いてしばらく口が聞けなかった)。

なんてことだろう。

確かにモンスターはほとんど一撃で倒せてしまって、全然手応えは感じていなかった。けどそれは、ポポのオナラが常識を逸して臭いだけだと思っていたのに……。





BT 後日談2


……実際に他の冒険家の声を聞いていて、モンスターに手応えがないという声は何度も聞いている。それはエヴァンの口からも発せられた。

モンスターが弱くて、レベル上げがものすごく楽になっていること。昔のレベル70は、今のレベル150にも相当する。昔のレベル120は、今のレベル200にも相当する。

モンスターは一撃で狩れて当たり前だし、むしろスキルでモンスターをたくさん呼び出して狩った方が効率がいいほど。そのせいでモンスターを呼び出せる「陰陽師」という職業はものすごい人気がある。



スリーピーウッドは非常に危険なところで、戦士の街には「ダンジョン入り口」という看板が出ていているほどで、入るには注意が必要だったこと。今ではポータル一つで入れてしまう。

アリの巣と呼ばれる初心者の登竜門、ドレイクの食卓という狩場、神殿というすごく危険な狩場……。

狩りをして赤字になって、薬を買うのも危うかったけど、今ではどんな場所で狩りをしても絶対に黒字。

クマがオナラしてるだけで倒せてしまうモンスターたち……。






なんだ、そうだったのか……。

英雄の剣を手に入れて、騎士団の任務もこなして、てっきり……




てっきり、自分が強くなったのかと思った……。

今のメイプルワールドで冒険するのが、簡単になっていただけだったんだ……。

そうか……。

















いや。

このままでは終われない。

英雄になると決めたんだから。村を出て、もう後には引けないし、動物団が馬鹿にされたままじゃ終われない。

マンジがくれたグラディウスだって、この手に持ってる。

それに、いくら簡単になったっていっても、バルログがいるっていう、神殿の最深部にはたどり着いてない。

行ってやろうじゃないか。



BT もう一度スリーピーへ


英雄トリスタンみたいに、バルログを討伐して、英雄に近づいてやる!

英雄トリスタンの後継者になってやる!!





















BT バルログへ








次回 : ボス・バルログ討伐の果てに<後編> 英雄トリスタンの後継者

まとめはこちら→

関連記事
スポンサーサイト






るのわるさん、初めまして。しがないくるみユーザのふゆと申します。
メイプル総合リンクを飛び回っている内にこちらへ辿り着きました。
この世界のもう一度楽しむというコンセプトの元書かれた記事が魅力的でついコメントをさせていただいた次第でございます。
こういった楽しみ方をされているユーザも今では珍しいのかなぁ、などとも思いつつ、楽しく記事の方拝見させていただきました。
また遊びに来させていただきますね。
[ 2015/11/24 21:21 ] [ 編集 ]

どうも、初めまして。コメントどうもありがとうございます。
メイプルリンクの方から来られたんですね。見つけて頂けてとても嬉しいです!
このブログはもう随分とマイペースな投稿が続いておりまして、あまり更新頻度も高くはできませんが……
その分、一つひとつの記事を面白くできればな、と思います。ふゆさんのコメントにも励まされました。
どうぞ気長くにお付き合いさせていただけたら嬉しいです。またいらしてください!
[ 2015/11/26 00:19 ] [ 編集 ]

早速ご返事いただきありがとうございます…!
コメントに書き忘れておりましたことを追伸で書かせていただきたく参上いたしました。。。

リンクフリー、とのことですので誠に勝手ながらリンクを貼らせていただきました。
もし不都合等ありましたら外させていただきますので、その旨別途ご連絡いただけたらと思います…!
[ 2015/11/30 02:32 ] [ 編集 ]

なんと、ご丁寧にありがとうございます!
貼っていただけるということは、ふゆさんもブログか何かをされていらっしゃるのでしょうか。
すごく嬉しいです!
差し支えなければぜひふゆさんのページも拝見したいです!
今後共よろしくお願いします。
[ 2015/12/01 22:26 ] [ 編集 ]

僕としたことがURLを貼り忘れました…すすすみません!
huyurei.exblog.jp
星の数程存在するメイプルファンサイトの末端のようなところですが…お暇な時にでもいらしてくださいませ…!
[ 2015/12/04 15:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。